2014.12.11.Thu
-
渡邊浩幸、木の器展はじまりました。
141211-watanabe01.jpg

今年最後の企画展「渡邊浩幸 木の器展」がはじまりました。
ゆったりと見ていただけるよう、周子さんも紹介していますが、
クリスマスの食卓をイメージしたテーブルも作ったり、
いつもとディスプレイをがらりと変えてスタートです。

渡邊さんの作品はどれもとても素敵で、
お客様と一緒に私も手にとって使うところをイメージしたり…

寒くなるとあたたなかスープやお鍋が恋しくなりませんか?
今回は、そんな食事がもっと楽しくなるような、そんな作品が並んでいます。

141211-watanabe10.jpg

夏に工房にうかがった際、ぜひぜひお願いします!!とお話してきた木杓子。
以前、お友達の家で食事をした際に、渡邊さんの木杓子をお供にお鍋をいただいたのです。
もう5年以上も前のことなのに、その使い心地が忘れられなかったわたし。
やっぱり手にすると、とてもいいのです。

141211-watanabe05.jpg

左がスープボウル、右がボルシチボウル。
どちらも具沢山のスープがおいしくいただける器。
スープだけじゃなく、煮物を盛り付けても素敵ですよね、そんなお話をお客様としました。
左はオイル仕上げ、右が白漆で仕上げています。
スープボウルは、小ぶりのサイズのものもご用意があります。

141211-watanabe07.jpg

初日、お客様から人気が高かったのがレンゲ。
口に入る部分が薄く削られているので、口当たりがとてもよいのです。
スープもごはんものも、なんでもOKな懐の広さ。

私の渡邊さんの作品、最初に使ったのが実はこのレンゲでした。
使い心地のよさにもう惚れこんでしまったのです。

141211-watanabe06.jpg

カフェオレボウルも2サイズ届いています。
お茶の時間だけではなく、お食事のときの汁椀としてもおススメです。

渡邊さんのうつわは、ふちの部分がまっすぐの直線ではなく、
なんともいえないゆるやかなラインで仕上げられています。
それが手にしたときになじみ、温かみを感じるのかもしれません。

141211-watanabe04.jpg

今回、お手入れの道具も届いています。
くるみオイルと蜜蝋でできたメンテナンスオイルワックス。
表面が乾いたなと感じたら、綿の布でうすーく塗りこんであげると、
長くきれいにお使いいただけます。
バーム状になっているので、オイルよりもずっと使いやすそう。

141211-watanabe02.jpg

141211-watanabe03.jpg

インテリアをたのしむ作品も。
コペンハーゲンという名前のキャンドルホルダー(キャンドルタイプとオイルタイプがあります)や、ひとつずつ形の異なるドライフラワーベース。

キャンドルホルダーは、今回はこのコペンハーゲンとストックホルムという2作品が並んでいますが、オスロ・ヘルシンキと北欧4都市をイメージして4つの作品が実はあるそう。
ヘルシンキは、ムーミンみたいは形とおっしゃっていた渡邊さん。
今回は並んでいませんが、どんな形なのか気になります…

141211-watanabe12.jpg

ランプシェードも様々な形が届いています。
天井を見上げるのをお忘れなく(笑)
4Mの天井から、周子さんがかんばってランプを吊るしてくれました!!
実際におうちで使っている様子をかみおさんが紹介しています。

明日12日から14日は渡邊さんも在店してくださいます。
路面がつるつるですが、どうぞ足元に気をつけながら遊びにいらしてください。

【ワークショップについて】
14日のバターナイフ作りは定員になりましたので、お申し込みを締め切らせていただきました。
13日のスプーン教室は若干ですがお席がございます。
専用のお申し込みフォームもしくは店頭までお電話にてご予約ください。

-------------------------------
スタッフブログも更新しました
・いつもの朝に 渡邊浩幸さんの木のモノを(かみお)
・渡邊浩幸 木の器展がはじまりました(堺)
*instagram(@siestalabo)では、お店の最新の情報を写真とともにお届けしています。
*スタッフブログも日々更新中です。
*Siesta Labo.公式facebookページをご用意しました。
*メルマガで新商品やイベント情報をお届けいたします。
*twitterでも日々の瞬間をつぶやいています。
| comments(0) |
コメント
コメントする